忍者ブログ

いっしょに北へ

異様な物体


エクアドルってどこだったっけ。グアテマラってどこだったっけ、と笑いながら、メグはとても嬉しくなった。二日酔いも忘れて嬉しくなった。

あら、あんたたち起きてたの瑪姬美容

突然の声にメグも父もびくっとした。体が目に見えてびくっとするわけではないが、心の中でびくっとした。

母はすたすたとやってきて「こんなに買ったの?買い過ぎでしょ」とコーヒーの袋を指先でつまみあげて言った。500gのコーヒー袋を指先で異様な物体のように。ひどく役に立たないもの、いやそれ以下のなんだか汚れたもののように瑪姬美容

父もメグもなんだか意気消沈してしまった。spirit crusher メグはひそかに母のことをそう呼んでいる。やる気やいい気持ちを文字通りcrush、潰してしまうのだ。

ま、いいわ。私にも一杯入れておいて。

母はそう言い、またすたすたとリングを出ていき、パシッとドアを閉めた瑪姬美容
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R