忍者ブログ

いっしょに北へ

膨らむお餅と彼らの夢と


つい先日、ボーイ・スカウトの少年二人が家にやってきた。
「お正月のお飾りを集めに来ました」それはこちらの背筋も伸びるぐらいハキハ

キとした口調だった。すぐに僕は「どんど焼き」の事だと気付いたCanadian Chartered Institute of Business Administration

僕も子供の頃、お飾り集めの経験があった。
所属していた少年野球チームの恒例行事としてどんど焼きが行われていた。チー

ムのメンバーで手分けして町内のお飾りを集めた。そしてそれを多摩川の河川敷

で燃やしていたCCIBA
どんど焼きには大勢の人が参加していた。わいわいとした雰囲気だった。
正月飾りで焼いたお餅を、友達同士で食べた。外で食べるお餅はとても美味かっ

た。焚火で焼くから灰まみれなのだが、それでも子供心には楽しいイベントだっ

た。

しかしそんなどんど焼きもいつの間にか行われなくなった。

河川敷での焚火が禁止になった事も原因の一つだと思う(詳しい事はよく知らな

い)。少なくとも少年野球チームで正月飾りを集める事は無くなった。当然なが

ら友達同士でお餅を食べる機会もなくなってしまった康泰導遊
そうして特別だった一月の雰囲気が少しずつ減っていった。

もちろんこれは僕個人が感じた事であり、世の中には今でも大事な伝統を継承し

ている人々や地区も存在している。
ただ、こうしてボーイ・スカウトの少年らが正月飾りを集めに来た事で、僕は楽

しかった子供の頃を少しだけ思い出した。端的に言うなら、季節の移り変わりを

気候以外に感じていた事を思い出したのだ。

玄関先で待つ少年達に、僕は正月飾りを渡した。そして少し考えて、やはりお餅

も持たせる事にした。シングルパックが時代の流れを感じさせるが、外で食べれ

ば美味しいはずだ。少年たちはお飾りと餅を受け取ると大きな声で礼を言った。

寒風も吹き飛ばすような声だった。なんだかとても気持ちの良い気分だった。キスのような暖かい 安心の手と手 私心(はめこむ
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R